【iPhone X】Face IDの”画面を注視”は設定オフにできる

【iPhone X】Face IDの”画面を注視”は設定オフにできる

iPhone Xに搭載されているFace ID(顔認証)機能は、ロック画面での解除や認証時など際に、iPhoneの画面を見る(注視する)必要があります。設定では画面の注視を不要にすることもできるのですが、無断でiPhoneのロックを解除されることも可能になります。
オフにすると目を開けて画面を見ていなくても認証可能に、ただし…

Appleは公式サイトで公開しているサポート文書にて、Face IDの仕組みを解説しています。ユーザーの顔情報データは暗号化で保護されており、誤認識率は100万分の1で、マスクやその他の方法を使ったなりすましにも騙されないなど、日々利用するなかで安全性を重視した認証方式になっています。

そしてiPhone Xには、ユーザーが目が開いていて、意識してデバイスを見ているかを認識する画面注視認識機能があります。この機能はFace IDに登録していなくても、iPhoneを見ていないときはディスプレイを暗くしたり、見ているときは通知音を小さくしたりしてくれます。Face IDを登録している場合は、画面を注視しているかどうかを判断し、登録情報と照合して認証します。

障がいのある方など、顔を動かしたり目を見開くことが難しい方向け設定として、画面の注視を不要にすることも可能です。注視を不要にすると、目をはっきりと開けて画面を見ていなくても、iPhoneのロックが解除できます。

これにより、画面を見ていると判断されるまでの数秒間が省かれるため、Face IDの認証速度が上がりますが、その半面、目を開いていない状態でも認証可能の状況となるため、例えば寝ている間に勝手に認証されるなどセキュリティ上の懸念があります。画面注視を不要にする場合はリスクを考慮して設定変更してください。